巽工業所の歴史

history

大館市の水道と共に歴史を刻んで50余年

秋田の管工事をリードし続ける企業として
大館市に水道が通ったのは昭和30年6月のことです。それまで住民は地下水をポンプでくみ上げることで飲料水を確保していました。上下水配管の工事はトラブルの連続で、何度も火災が発生したそうです。それでも水道管が市内全体に張り巡らされ、市民の暮らしは便利になりました。昭和49年6月には「大館管工事協会」が発足。株式会社巽工業所は初期から参加し、代表の巽弘は39年間会長及び理事長として協会発展のために尽力いたしました。大館の水道設備をリードしてきた企業として、今後ともハイレベルな施工をお約束します。

株式会社巽工業所の歴史
昭和41年に創立してから現在までの歴史

鉱山のプラント配管設計施工からスタート

巽工業所の始まり
昭和41年の設立当初、株式会社巽工業所は鉱山のプラント配管設計施工を手掛けていました。そのころ秋田では鉱山に関する設計が求められていたので、たくさんの会社が専門的に事業をすすめていたのです。しかし徐々に需要がなくなり、弊社としても方向転換を余儀なくされました。現在は水道や給排水などの設備工事を専門に展開しています。50年間、事業を続けられてきたのは、真摯な姿勢で仕事に臨んできたからでしょう。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

上水の歴史

約60年前にはじめての水道が
上水道が引かれたのは昭和30年6月です。大館市にとってかつてない試みだったので、火災事故なども発生したそうですが、最終的には市内全体に水道が通い、生活の利便性はかなり向上しました。

水道事業の経過

大館市に流れる水道の現在
水道が行き渡るとともに、10社が水道指定工事店に採用されました。それから現在まで加入企業は「親睦と研修」をモットーに技術を磨きつづけています。
項目を追加

現在は幅広い工事に
対応しています

幅広いスキルであらゆるお困りごとを解決する
50年のキャリアを経るとともに、水道管に関する工事だけでなく、空調設備や消防設備などの各設備に関する施工も手掛けられるようになりました。各施工のスキルはどれも一級品。秋田でも有数のスキルを持つ老舗として、これからも腕を磨き続けます。
vision

Skill&Education

今後も秋田県の環境整備のお手伝いをいたします
大館市の管工事業者をまとめる存在として、株式会社巽工業所はこれからも水道工事や空調工事などの最新技術を学び、実力に磨きをかけます。また1人でも多くの職人を大切に育てるのも目標の1つです。これからも秋田全体の業界のレベルを高められるように、ボトムアップで指導してまいります。