冬季間の水道管凍結破損にご注意を!

 

12月に入り外もすっかり雪景色となりました。夜もとても冷え込みますね。


今年こそ年末年始にお出かけを・・・と考えている方も多いと思います。


この時期は、水道管の凍結破損にお気を付けください!


水道管は-4℃で凍結しやすくなります。


水道管内は常に水で満たされています。


管内の水が凍結して氷へと変化すると、体積が1.1倍に膨張するため、水道管に亀裂が生じたり破損してしまいます。


水道が凍ってしまうと溶けるまで水は使えませんし、万が一破損してしまえばお金をかけて修理しなければいけません・・・。


水道管の凍結破損を防ぐために、寒波の日の就寝前長期間家を空ける場合は、水道管の『水抜き』を行ってください!


水抜きの手順

①水抜栓を閉める

②蛇口を全開にして残っている水を抜く


これで水道管内は空になるので凍結破損の心配は無くなります!


復旧するには逆の手順になります。

復旧の手順

①蛇口を全閉にする

②水抜栓を開ける


復旧後に水を出すと、「ゴボゴボ」音がなりながら水が出ますが、これは水道管を空にしたことで管内に入った空気が水と一緒に排出されている音です。しばらく水を出すと収まります。


万が一水道管が破損してしまった場合は、初めに水道メーターの元栓を閉めてください。


その後各市町村が指定している給水装置指定工事業者に連絡を!